前の10件 | -

12月のポスチャーウォーキングレッスンin東広島 [お知らせ]

ポスチャーウォーキングレッスン in東広島
のお知らせです。

日時:12月5日(日) 10:00~12:00
場所:東広島市運動公園体育館 3階会議室
講師:板橋千代美先生
レッスン料:4,500円

※体育館シューズ・飲み物・タオル等お持ちください。

やっと会場が使えることとなり
久しぶりの東広島市でのレッスンです。


先週、うちの会社のスタッフ研修で
ポスチャーウォーキングのレッスンをして頂いて
スタッフとともにたくさん歩きました♪

スタッフからも
「とても楽しかった」
「定期的にやって欲しい」
との声が聞かれ
とてもうれしかったです(#^^#)

写真はスタッフ研修の際のものです。
IMG_2580.jpg

IMG_2594.jpg



東広島の会場は広々として窓からの景色も良くて
開放感のある場所なので大好きです。

いつも和やかで楽しいレッスンです[ぴかぴか(新しい)]


先日、TVでもお馴染みの武田教授が
YouTubeで
じんわり汗をかくくらいの運動が
身体の免疫力を活性化させるという論文をご紹介されていました。

自分自身の身体の力を十分に引き出すには
ウォーキングはとても良い効果があると思うのだけど

でもそれは崩れた姿勢のまま歩くのはもったいない!
きちんとした姿勢で行うことが効果があって
とても大切だと思うので

それを知ることができるのは
とても幸せなこと[黒ハート]

身体の心地よさを体感して
自分の身体と心を感じる時間になると思います。


初めての方、大歓迎!(#^^#)


こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(1) 

屋久島⑪番外編 [感動]

広島から屋久島へ行くには
鹿児島まで新幹線→高速船のルート か、
福岡まで新幹線→飛行機で屋久島空港のルート
になるようですが

所要時間はあまり変わらず
料金は飛行機を利用するほうがやや高め。

ということで、新幹線と船のルートで往復しました。


鹿児島は一度、年末年始にかけて訪れて
とても素敵な所だったので
また行きたいな~と思っているんですが


桜島ももちろん壮大で凄いのだけど
私が一番気になっているのは
「開聞岳」

なぜか気になる山があって
ネパールのヒマラヤ山脈の端っこ辺りにある、
「カンチェンジュンガ」と
この「開聞岳」

あいにくの雨模様の曇天で
船の窓から見えるはずの
反対側の桜島はまったく見えませんでしたが

開聞岳の近くを通るときには
姿を見せてくれて
うれしかった~~[グッド(上向き矢印)]

IMG_1978.jpg

IMG_1979.jpg

また会えてうれしい[黒ハート]


今度はぜひ登りたい!

長々と書き綴った屋久島の記事は終わりです(^▽^;)


こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

地味飯だけど [食]

ある日の夕食。

IMG_2422.jpg

自然栽培の玄米ご飯
鯖と厚揚げの味噌煮(味噌は自家製)
生姜の佃煮
ゴボウの唐揚げ
冬瓜の味噌汁(重ね煮・ベジブロス使用)

気が付くと茶色だった。。。。(^▽^;)
でも身体に優しいご飯[ハート]


そして庭に紫蘇が生えていたので(勝手に)
紫蘇の実とちりめんじゃこで佃煮。

IMG_2476.jpg

IMG_2478.jpg

おむすびに入れて
お昼ご飯に食べよ~♪


こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

屋久島⑩観光&最終日 [感動]

屋久島は観光の島なんだな~という感じの
小さなカフェやレストラン、お土産物屋さんなど
いろいろあって

でも閉まっているところも多くて[たらーっ(汗)]
お昼時に行くと入れないレストランもあったり。

お土産物屋さんでは
トレッキング用の雨具やリュック、登山靴のレンタルもされていて
私たちもそこで借りて(靴は自分のを持っていきましたが)
リュックにはリュック用の雨ガッパ(?)も付いてます。

返すのは汚れていてもそのままで
ホテルでの返却でOK。
とても助かりました。




やはり遠いので
片道は一日掛かりになるので
最終日はほぼ帰るのみ。

朝からいいお天気で
雲は多めだけどさわやかな青空♪

IMG_2063.jpg

船の出発まで少し時間があったので
レンタカーを返す前に
宮之浦港近くの「益救(やく)神社」に立ち寄ってみました。

IMG_2061.jpg

境内にはガジュマルや土偶(?)

IMG_2062.jpg

大きなりんご椿の木も。
IMG_2065.jpg



船は定刻通りに出発。
行きは種子島経由だったけれど
帰りは鹿児島へ直行便だったので
2時間15分くらいです。

屋久島はいいお天気でしたが
ちょうど台風や停滞している前線があって
九州から関東にかけて大雨の予報。

鹿児島に近づくにつれて
だんだんと雲行きが怪しくなって
海も荒れ模様。

久しぶりに船酔い‥‥[たらーっ(汗)]

鹿児島中央駅から新幹線に乗りましたが
九州新幹線がいくつか運休になったり。

乗る予定の便はなんとか出発しましたが
途中、完全に床上浸水になっていると思える地域もあったり
北上するにつれて、どんどん雨がひどくなっていきました。
九州新幹線は博多止まりになるとのアナウンスが…


これは、博多でもう一泊しないといけないかな…?
と、ホテル探しをしていましたが
博多でいったん降りて、駅で情報を見ていると
こだまが動いているというので、飛び乗りました。

が、なかなか動かず・・・・・(^▽^;)

それでもなんとかその日のうちに広島に帰ることができました。

新幹線の中も、駅の構内も大混雑。
係の人も多くの人の対応で忙しそうでした。

広島も大雨で、またあちこち道路が落ちている所も出た様子。
何はともあれ、無事に帰れてよかった。。。。。
大きな災害もなくてよかった。。。。。



こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

屋久島⑨JRホテル屋久島 [感動]

今回の屋久島への旅の中で
とても感動したことのひとつが
宿泊したホテル。

「JRホテル屋久島」
access-photo.jpg
(写真は参考資料なので、私が撮ったものではありませんが)

あまり大きなホテルではなく
こじんまりとしていますが
海に面した素敵な立地。

IMG_1981.jpg

IMG_1980.jpg

一部畳のスペースもあります。
IMG_1995.jpg

IMG_1982.jpg

私たちが泊まった部屋は
どちらかというと山側だったけど
窓からの景色は海も見えます。
IMG_1985.jpg

方位では東側も見えるので
朝陽が見られるかも♪
と、ちょっと期待。

目の前には「モッチョム岳」がそびえているのだけれど
ほとんどの時間が曇天で
山頂は見えませんでしたが…

海側のテラスからは
東シナ海(たぶん?^^;)
IMG_5029.JPG

IMG_5030.JPG

きれいです~~[ぴかぴか(新しい)]

何と言ってもお風呂が感動!
以前、嬉野温泉でも凄いお湯だー!と感動したけれど
ここの温泉もかなりの感動でした(#^^#)

連泊したので、朝晩と何回入ったかしら~[るんるん]


そして食事も最高[グッド(上向き矢印)]

IMG_2073.jpg

IMG_2074.jpg

IMG_2075.jpg

なんて贅沢な時間[ぴかぴか(新しい)]

サービスもとても素晴らしく、
そんなにたくさんのスタッフがおられたわけではないのだけれど

とてもいいタイミングで出てくるお料理、
そして会話も♪

3日目の朝食のときに
沖に船が通っていて
「沖縄に向かう船かな~」と言っていたら

ちょうど来られたスタッフの方が
「沖縄に行く船ですよ~、
実は私もさっき聞いたばかり(笑)」
と言っておられました(^O^)


ずっと曇っていて朝陽を見ることがなかったのだけど
最後の日の朝、
雲の切れ間から日差しが[黒ハート]

IMG_2060.jpg


そしてずっと見えなかったモッチョム岳の山頂も
見ることができました。

IMG_5217.JPG

素晴らしい滞在にさせてもらったホテル。
次に来ることがあったら
また泊まりたい[黒ハート]



こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

お彼岸のお墓参りからの出雲へ [感謝]

屋久島のお話はもう少し続きますが・・・


お彼岸だったので
先日、お墓詣りからの出雲へと行ってきました。

うちの近くのお墓から
吉和の墓を周り
江津市の墓へ。

とてもいいお天気で
空も青、海も青[ぴかぴか(新しい)]

大好きな日本海がキラキラでした[黒ハート]

IMG_2326.jpg

IMG_2330.jpg

この風景の中に私がいますが…
ものすごい風で服が片側に張り付いています^^;


大好きな絶景ポイント[るんるん]

IMG_2334.jpg

この日は風も強く
風力発電の風車がよく回っていました。


この日は出雲泊りの予定。
まだ少し時間があったので
稲佐の浜と日御碕神社を回りました。

IMG_2351.jpg

稲佐の浜は、一部工事中。
砂浜の整備?らしいです。

IMG_2352.jpg

砂を袋に入れている人が何人かいたので
なんでだろう?と思って
後日調べてみました。
(私は持って帰らなかったけど)

稲佐の浜の砂を持って出雲大社に参拝し、
神殿の裏側にある、素鵞社の社殿の床下の箱に入れ
そこにある砂を頂いて帰るとご利益がある・・・とか。

何度も訪れている出雲大社ですが
知らなったな~
(でもたぶん今後もやらないな…きっと^^;)


日御碕神社

IMG_2355.jpg


ここの松、凄いですよね!

IMG_2353.jpg

IMG_2356.jpg

実はある方から教えて頂いたので
訪れた時は立ち寄る場所があります。

山側を右手に少し登った所にある、
小さなお社(祠?)の所がパワースポット。
らしい。

私はいろいろ見えたりはしないのだけど
ここに来ると手のひらがビリビリします。

だから凄いのかどうかは、確証があるわけではないのだけど
最初に訪れた時よりパワーアップしてる感覚があります。

おみくじを引いてみました。
今、どうしようかな~といろいろ考えている事があったのですが
「焦らなくて大丈夫」的なことが書いてあったので
もう少しゆっくり考えよう~(#^^#)


この日のお宿は
出雲大社近くの「月夜のうさぎ」

出雲で宿泊するのは初めてです。
(いつも日帰りコースでした)

ホテルの写真はまったく撮っていないけど…[たらーっ(汗)]
玄関から靴を脱いで、ロビーも廊下もエレベーターの中も
全部、畳なので
なんだか落ち着く雰囲気で素敵でした(^O^)


翌朝、朝早く出雲大社へお詣り。
6時30分からお詣りできるそうです。

朝陽がとても美しい[ぴかぴか(新しい)]

IMG_2338.jpg

IMG_2348.jpg

朝早いのでほとんど人がいません。

IMG_2339.jpg

IMG_2341.jpg

IMG_2370.jpg

秋の気配の清々しい朝の空気[ぴかぴか(新しい)]

IMG_2342.jpg

IMG_2374.jpg

IMG_2344.jpg

この角度からの社殿が好きです。

年に数回、訪れていますが
早朝は初めて。

やみつきになりそうな気持よさ[グッド(上向き矢印)]



こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

屋久島⑧観光 水の島 [感動]

屋久島のトレッキングは
いくつかコースがあって
縄文杉に行くコースは2番目くらいのハードなもの。

一番は宮之浦岳の登山コースで
こちらはかなり本格的な山歩きなので
経験者はいいかもしれません。

小さい島なのに
どーんとでっかい山がそびえているので
滝もあちこちにあって

その規模も壮大です。

車で道路を走っていると見える、
「大川の滝」

この写真は近くまで行って撮ったものですが
道路から「あ!あそこだ!」と見えるので
迷いません(笑)

IMG_5198.JPG

IMG_5201.JPG

水しぶきが凄いです。
ここ数日、雨が多かったそうなので
水量も凄い。



そして「千尋の滝」
「せんひろ」ではなく「せんぴろ」と読むらしい。
IMG_5212.JPG

IMG_2040.jpg

一枚岩をくり抜いて、滝が流れています。
左側の山肌がひとつの岩。


車で走っていると
「竜神の滝」という看板が見えたので行ってみました。

IMG_5215.JPG

少し遠景なので見えにくいのですが
こちらもけっこうな水量でした。



「中間ガジュマル」
あちこちにガジュマルが見られますが
これは大きい!

IMG_5207.JPG

IMG_2034.jpg

ガジュマルは、元の木に寄生して根を伸ばし
元の木を枯らしてしまうそうなので
なんだかちょっと不気味な気配も‥‥

まだまだ見どころはあるようですが
全部は回れないので
また来なくちゃ♪(^O^)

続く。。。。。



こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

屋久島⑦帰路と植生 [感動]

実は帰りの写真はほとんどありません[あせあせ(飛び散る汗)]
もうへとへとで
しかも途中から雨が降り始め
汗と雨でぐっしょり。

脚も棒のようになって
疲れはピーク。

写真を撮る気力はなく
ただただひたすら歩いて
来た道を戻る・・・・・


雨の下り道は
滑らないようにと気を遣い
余分に脚力も必要な道。

でもポスチャーウォーキングでいつも言われていること、
上半身の引き上げを意識することで
足への負担は軽減できたと思う♪(^O^)



歩き慣れたガイドさんの
足を置く位置を真似したら
疲れも違ってうまく歩けるのかな?

と、真似してみたけれど
背の高い方だったのでリーチが違いすぎ…[たらーっ(汗)]
ちょっと参考にできなかった…(^-^;


そして最後のトロッコ軌道の
長いこと長いこと・・・・・

苔むした、もののけ姫の世界の
森の気配は濃厚に感じながらも
半分、瞑想状態で歩いていました。

その時は夢中だったけれど
あとで思うと、あの時間も凄く濃厚で
体中で周りの世界と一体になっていた感。

「無」になるってそういうこと?
自分と他の境がなくなるってこんな感じ?
みたいな?



ガイドさんは明日もお仕事が入ってるとのことなので
この道をまた往復するのか~~~
凄いなぁ~~
慣れるのかな~~

ただお天気が下り坂っぽいから
明日は無理かも、とは言われていましたが。

ちなみにトイレは3か所。
後半はトイレはないので
不安な人は携帯トイレを持っていくといいということで
(携帯トイレを使用するブースはあります)
念のため購入して行ったけれど
要りませんでした。



途中、ガイドさんが植物のこともいろいろお話してくださいました。
屋久島に着いて、景色だけでも
本土とは違うな~と思っていました。

沖縄ほど南国っぽくもないのだけれど
ハイビスカスやブーゲンビリアもいっぱい咲いて

IMG_2067.jpg

IMG_2066.jpg

何より「なんでいちいち大きいの???」
という感じの植物が多い!

野生の紫陽花
IMG_5037.JPG


コブラ草
IMG_5056.JPG

雌雄一体らしく、途中から分かれるそうです。
コブラが首を持ち上げている姿に似ていることから
付いた名前だそうです。

りんご椿
IMG_5052.JPG

りんごのような実が付くけれど
美味しくないので鳥も食べないのだどか…

苔類も凄くて
いろんな種類があったのだけど
ほとんど写真は撮っていません。
IMG_2015.jpg


こちらは下山してから別の日に撮った植物たち。

IMG_2024.jpg

IMG_2044.jpg

IMG_2043.jpg

IMG_2051.jpg

熊笹も本土の4倍くらいの大きさ。

ウコンが有名なのか
ウコンの畑があちこちにありました。

苗木のほう
IMG_2036.jpg

大きく育った畑
IMG_2037.jpg

モンステラもその辺にあちこち生えていたけど
とっても大きかった!
(写真を撮っていなかったけど)


何かと自分が当たり前と感じている「普通」と
その土地の「普通」が違うっていうのが

旅のおもしろさかも[グッド(上向き矢印)]


続く。。。。。


こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

屋久島⑥縄文杉に到着! [感動]

長い長い道のりを歩き
やっと縄文杉に到着しました!

IMG_2021.jpg

IMG_5187.JPG

縄文杉のすぐそばまでは近づけなくて
周辺に展望デッキが作られていて
そこから眺めることができます。

写真では迫力が伝わらないけれど…[たらーっ(汗)]

IMG_5175.JPG

IMG_5180.JPG

この辺りでは雨も止んで
晴れ間も見えて
感謝感謝[ぴかぴか(新しい)]


「よく来たなー」と言ってもらえてるようで
なんだか感慨深い[ぴかぴか(新しい)]

この周りにもメデューサのような杉が。

IMG_5186.JPG

たくさんありすぎて目立たないけれど
ここまでの道のりの中には
普通、ご神木になるようなレベルの木がゴロゴロあって

もうそれだけで浄化されているような
空気感の凄さがあります。


シーズン中の多いときに比べ
登山者はかなり減っているらしく
ガイドさんのお仕事も激減し
独り身の若いガイドさんは
かなり辞めて本土に戻ったと言われていました。

この日もやや少なめの人出だったみたいですが
それでもまぁまぁの人数がいて
屋根のある休憩スペースは入れないくらい。
(だいたい同じ場所で休憩になるせいもあるけれど)


縄文杉のところを13時には出発しないと
バスに間に合わないらしく
それまでの時間を堪能します。

あー来てよかった![黒ハート]

続く。。。。。


こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 

屋久島⑤ヘロヘロだけどあともう少し! [感動]

屋久島登山道は続きます。

ウィルソン株からはけっこうな傾斜の道。
整備されて木で作られた階段の部分も多いのだけれど
階段が続くのも、これまたキツイ[あせあせ(飛び散る汗)]

もうヘロヘロ状態ですが
ここまで来たら、何としてでも縄文杉に会いたい!
と気力のみで進みます(+o+)

途中、通称「メドゥーサ」と呼ばれる杉も。

IMG_5133.JPG

IMG_5132.JPG

上の部分を伐採した後、枝が横に広がって
こんな風貌になってるらしいです。
確かにメドゥーサを連想させる。

これだけでなく、あちこちで見られました。
杉がこんな形になるのは
初めて見ますねー

「大王杉」
IMG_5144.JPG

IMG_5135.JPG

IMG_5137.JPG

炭素の比率による測定で
樹齢3000年以上と推定されて
測定がはっきりしているものでは
一番長い樹齢だそうです。

幹には江戸時代の試し切りの跡も残っているそうです。


こちらは「夫婦杉」
IMG_5152.JPG

途中で枝がつながっています。
小さいほうの杉から伸びた枝が
大きいほうとつながったそうです。


こちらは通称「ドラゴン」とか「馬」とか言われているもの。
IMG_5154.JPG

IMG_5155.JPG

確かに見える(^O^)



登山道沿いにあって
唯一触れる縄文杉。
IMG_5163.JPG

IMG_5159.JPG

IMG_5162.JPG

表面がすべすべでした(^O^)


倒木して複雑な形になった、
トンネルのようなところをくぐり

IMG_5169.JPG

あと少しで縄文杉です。

名前が付いているポイントの木も凄いのだけれど
周辺の木々や空気や木漏れ日などが融合した、
この場の凄さを実感します。

幽玄というのか、壮大というのか
どんな言葉もしっくり表せないくらいの
その場にいられる満足感というか…

好きな人は一度は体感してみてほしい場所です。


途中、昼食を取るために休憩したのだけれど
どの辺りで休んだのか全然わからない[たらーっ(汗)]

ちょうど雨も止んでよかったーというタイミングでした。
ガイドさんが温かいお味噌汁を用意してくださっていて
雨と汗でぐっしょりの身体に
とてもありがたかったです[黒ハート]

ちなみに、朝食は最初のバスを待っている間に食べました。
といっても、普段、朝ご飯を食べないので
ほとんど食べられなかったのだけど…(^-^;

水分補給はしっかりしないと!と
お水もしっかりと持参していたけれど

途中、水場もあって汲めるので
持参するのは
500mlのペットボトルひとつでも大丈夫みたいです。

でも雨がたくさん降ると濁ることもあるので
お腹が弱い人は用心がいるかな?

でもどんなに降っても
ここだけは濁ったことがない、
とガイドさんが言われる水場もありました。

凄いねー!
屋久島は水の島だなぁと
改めて感じます。

続く。。。。


こちらのブログもよろしく! ↓

「放課後等こどもデイサービス こころん」

「本カフェぐりーんりーふの読書感想文」

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -